梅雨時期に縮毛矯正をしたくなる理由

ーーーーーーーーーーーーー
ご予約、ご相談はこちらからでも!
@テラシマ・ヘア・スタジオ
友だち追加数
ーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは寺嶋です

GWも終わり

田園地帯は田植えが本格的に始まろうとし

初夏を迎えようとしています

その前に来る

梅雨

洗濯物は乾かず

お出かけしようと思っても

雨だとテンションも下がる

癖っ毛さんにはさらに追い討ち

せっかくブローセットしたのに

あっという間に

ボアボアボサボサ・・・

もちろん理由は湿度にあるんですが

髪の毛は20種くらいのアミノ酸から作られています

その中の

グルタミン酸ナトリウム

化学調味料の元でもございます

今は「うま味調味料」とかうまいこと言ってますけど

これが毛髪内の水分調整の役割を担っておりまして

例えば

ドライヤーで一生懸命セットをしすぎ

静電気バリバリにパサパサにしてしまっても

時間がたつと

あら不思議!

何となく収まってますよね?

グルタミン酸が周りの空気中から水分をかき集めてくれるからなんです

うまくできてますよね?

だが彼にも限界はあり

空気中の水分が多すぎる場合

グルタミン酸が

お腹パンパンまで蓄えた水分を持て余してしまい

洪水させちゃうんですね

すると

せっかくドライヤーでセットした髪の毛を

溢れ出してしまった水分で元の癖が出てしまうからなんです

悪気があるわけじゃーないと思われ・・・

せっかく癖を伸ばしてセットしたのに

元の木阿弥

どうしよう?

めんどくさいしお金がかかるけど

縮毛矯正でまっすぐにしておけば

湿度が高くても

まあまあいけるか?

と、いう理由から梅雨時期だけ縮毛矯正をされる方も多いのです

癖を伸ばすって言っても

■髪の毛に水分を与えて、その水分を取りながら形を整える

■髪の毛の構造自体を薬剤とアイロンなどを使って形を整える

前者は新たに水分を与えると元に戻ります

後者は化学的物理的にまっすぐにしているので

新たに水分を与えても変わりません

梅雨時期はその時だけ我慢して乗り切るか?

もしくは

梅雨時期だけ縮毛矯正をして楽するか?

選択はあなた次第でございます。

弘前市 縮毛矯正 テラシマ

プライベートなブログ

弘前市在住の美容師 ここは個人的な趣味の絵やバイクにまつわる独り言

please share

follow please