縮毛矯正のリタッチというのは?

ーーーーーーーーーーーーー
ご予約、ご相談はこちらからでも!
@テラシマ・ヘア・スタジオ
友だち追加数
ーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは寺嶋です

■癖毛が強くてまとまりづらい

■ストレートなデザインにしてみたい

などなど

癖毛の方は、すでに縮毛矯正を施術した経験をお持ちの人も多いと思います

現在、縮毛矯正をされていない方は、

■過去に満足できるような施術をされたことがない

■ご自身の癖を生かしたデザインを作ってくれる美容師さんがいる

それ以外だと

■時間がかかってめんどくさい

■値段が高い

■髪は束ねてしまうから問題ない

かな?

施術してみたいけど

でもね〜〜って

躊躇される方は

■縮毛矯正=ハイダメージ

■毛先がパッツンパッツン

こういうのは施術方法のちょっとした違いで

避けることができるかもです!

例えばハイダメージになりやすいなどは?

○前回の縮毛矯正から半年経ってます(仮定)

この場合は根元から新しく伸びた部分(半年分)と

前回の部分に少しだけかかる(オーバーラップ)ように

薬剤を塗布して施術します。

それ以外のところは特殊な薬剤で

がっつり保護します!

大まかですが大事な点が3つありまして

① 薬剤は地肌には絶対つかないようにするが

ギリギリできるところまで塗布

② 前回の施術部分とオーバーラップさせるところの

薬剤塗布は細心の注意を払って

③ 既施術部分は薬剤を塗布にいくら気をつけても

シャンプー台で流すときに絶対つきます

できる限り未然に防ぐよう、事前に考慮・対応することが必須!

ざっくりですが

(実際の施術ではもっと緻密な作業をしています)

必要のないところには薬剤の影響を与えない

ここが非常に重要でして

いわゆる

リタッチ

というテクニック

これだけでも髪のコンディションは相当変わります

パッツンパッツンは、アイロンの使い方で解消されます

それはまた後日^^

プライベートなブログ

弘前市在住の美容師 ここは個人的な趣味の絵やバイクにまつわる独り言

please share