もしくは

昨今だと、

 

グレーカラーとかファッションカラー

 

他にも呼び名は数あれど

 

染める薬剤の違いは

 

実は両者に大差はないのである

 

 

白髪染めは白い髪に着色良くするために

 

茶色系の絵の具の量が多いようなもので

 

通常のヘアカラーならば

 

染まる理屈も同じ

 

ダメージやらなんやらも同じです

 

 

先日のうちのブログ記事

白髪染めをヤメて茶髪にした記事をご覧になって

 

私も試したいとお見えになられた常連様

 

 

 

顔の周りが白く、他は割と黒いのです

 

 

 

ご本人は、白髪は好きなのでそこは染めたくない

 

でも、なんとなく変えても見たいって感じで・・

 

 

どうでしょう?

 

僕的には相当オシャレさんになったかと^^

 

茶髪っていうと抵抗があったかもですが

 

仕上がってみると

 

全然ナチュラルなんですよ!

 

もちろんカラー塗布のテクニックは

 

そこそこめんどくさくて

 

薬剤をただ塗ればいいってもんではありません

 

 

白髪は隠すだけじゃなくて

 

色とりどりに遊ぶことも出来るんです

 

 

ちなみにこちらのお客様、

 

茶髪にすることを

 

事前にご家族に聞いてみたら

 

反対されるかと思っていたら

 

髪があるうちに

 

なんでもやりなされ

 

 

旦那が(笑

 

旦那様の気持ちはよ〜〜くわかります(同類・・

 

本日の教訓

 

孝行したい時に親はなし

 

お墓に着物は着せられぬ・・・。